店舗様へ

これからテイクアウトを始める店舗様にも参考となる情報を掲載します

テイクアウトに関する相談については

地域の保健所にご連絡ください

​会津保健福祉事務所はこちら

①賠償責任保険(飲食物)

万が一、食中毒が発生してしまった場合などに大変有効な保険です。

​店舗の広さや年商によって加入金額が変わります。

※ご参考※

公益社団法人集団給食協会様のサイト

②スタッフ装備

マスク、ビニール手袋、メッシュキャップの装着については、まだまだ個人店では浸透していない場合が多いです。常在菌や黄色ブドウ球菌を防ぎましょう。特に黄色ブドウ球菌は米を栄養源とするため、テイクアウトを始める場合は最も注意しなければなりません。

③混入物の阻止

​②でも記入したメッシュキャップは、髪の毛の混入を防ぐことが出来ます。また、店舗で画鋲を使っている場合、こちらもテープに切り替えることをオススメ致します。混入物が最も多いトラブルです。

④消費期限等の表示

消費期限は記載しておいたほうが良いです。例えば「本日中にお召し上がり下さい」というシールは、格安で購入することが出来ます。口頭で伝えることも有効です。

⑤再調理等について

容器が電子レンジ対応かどうか、再加熱する場合は◯◯◯Wで◯分が目安かが記載してあると、お客様としては安心します。口頭で伝えるのも有効です。ほとんどのテイクアウト用容器は、本体は電子レンジ対応していますが、蓋だけ対応不可というものです。お客様との信頼関係を構築し、リピートに繋げる大事なケアですね。

テイクアウト会津

(会津若松市認定・市民活動団体)

This web site is non-commercial

to save the AIZU community.